子供が生まれてから買って良かったおすすめ家電・サービス14選

子供が生まれると、生活環境が大きく変わり、身の回りで必要なものが増えます。

この記事では、私の家族で実際に使ってみて、「これは本当に役に立った!」というものをまとめてみました。

全て役に立ったものですが、特に毎月3000円節約できる「UQモバイル」と時短できる「圧力鍋」は絶対に見て欲しいです。

寝室が離れてても安心:タカラトミーのベビーモニター

これはほんとに夜が助かりました。凄く音が鮮明で、泣いてるとすぐにわかるんです。

双方向タイプもあるんですけど、うちは一方向タイプ使っていました。泣いたらすぐに駆けつけるよねってことで。

子供が大きくなってきたり、奥さんが先に寝る場合は、2WAYタイプでもいいかもしれません。

子供が羽で怪我をしない:ダイソンの扇風機

夏場に活躍する扇風機。でもちょうどつかまり立ちを覚え始めた我が子にとって、ちょうど捕まれる位置に羽が回っているのは怖いですよね。

ダイソンだったらそんな心配はいりません。だって、羽がありませんから。

欠点はめちゃくちゃ高いことですが、結婚式の二次会で当たったのでラッキーでした。リビングで重宝してます。

成長を見返して楽しい:デジタルフォトフレーム(ソニー)

子供の成長を見返せる「デジタルフォトフレーム」。我が家でもリビングに2台置いています。

また、祖父母にSDカードに子供のベストショット詰め合わせと合わせてプレゼントしています。

オススメはソニーのデジタルフォトフレームシリーズ

ソニー製品は、電源オンオフの時間設定がかなり細かくできるので、省エネにも向いてます。

Wi-Fi機能有りでYoutubeも:VIERA TH-55FT60

こちらも意外性がなくてすいません、普通のテレビです。

ただこれを選んだのには訳があって、このVIERAはWi-Fi設定ができるタイプ

Chromecastを使わないで、YouTubeの視聴ができちゃうんです。

Chromecastは便利だと思いますけど、コード嫌いの私としては、Wi-Fiによる連携が標準搭載されているのは、非常に便利。

子供がコード引っ張ることもないですし。

YouTubeで主に見ているのはしまじろうちゃんねる。子供が泣き止むんですよね。最近はリズムを取って遊んでます。

ワイヤレスで音楽を楽しめる:SRS-X2(ソニー)

ソニーの「SRS-X2」は音がイイのはもちろんのこと。サイズ感と、バッテリー駆動時間が長いのが素晴らしい!!

サイズが小さいから、家の中で持ち運びするのも楽だし、Bluetoothで広い範囲で使えます。

他にも、子供がプール入ってるときにBGMで音楽を流してあげたりできます

ワイヤレスなのでコードを引っ張って落とすこともないし、充電器はスマホと同じmicroUSBなので充電器も併用出来て便利です。

子供の成長記録を動画で残す:動画編集ソフトAdobe Premiere Elements

私はスマホやハンディカムで撮影した動画を誕生日に1年間の記録としてまとめています。

動画ソフトは、色々と使いましたが、一番使いやすかったのがこちらのAdobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)です。

Proという上位版がありますが、初心者から中級者ならこちらで十分。ハイクオリティな動画が作れるのでおすすめ。

プロジェクターの付いたビデオカメラ:HANDICAM (ソニー)

こちらも子育ての鉄板、ビデオカメラ。

これはただのビデオカメラならここまで書かないんですけど、プロジェクター機能がありがたい

旅行先の動画を、夫婦で子供が寝てから見たり、祖父母の家に行った時に上映したりしてます。

パソコンと繋げてのプロジェクター機能も使えるので便利です。

Adobe Premiereを使って、編集したムービーを祖父母に見せる時に、プロジェクターがあると大きく出来て、盛り上がりますね。

画像に手書きの文字を:BAMBOO(WACOM)

「WACOM BAMBOO」もすごい一品。手書きの絵がパソコンに取り込めます。

ムービーを作ると、どんな時に撮った写真か?、どこで撮った動画か?って書きたくなりませんか?

その時に、パソコンフォントでやるよりも、画像に手書きの文字を組み合わせると、暖かみが出るんです。

イラストなんかも描けちゃうし。Photoshopとの合わせ技で、幅が広がります。

布団が干せない時の秘密兵器:スマートドライ(象印)

雪が降る地域は必須の一品。天気悪くて、冬は全然布団が干せないんですよね。

布団を干す手間がないから、忙しいお母さんにとっては、時短にもなる家電としてオススメです。

ただ、唯一の難点は電気代が結構かかること。いつも、電気代と天気の様子を天秤にかけながら使ってます。

カメラにWi-Fi機能を付与できる:FLASH AIR(16GB)

SDカードをWi-Fi化してくれる「FLASH AIR」は、ちょっとした手間を無くして便利にしてくれます。

妻は、ノハナというアプリで、子供のアルバムを毎月作ってるんですけど、その時に、カメラの写真を使いたくなるときがあります。

毎月1冊もらえるフォトブック印刷 ノハナ(nohana)

毎月1冊もらえるフォトブック印刷 ノハナ(nohana)
開発元:nohana, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

ぼくが持ってる、RICOHのGRにはWi-Fiの転送機能は付いていません。

そのため、SDカードをパソコンに差して、パソコンからスマホに移すという作業をしないといけません。

でも、このFLASH AIRを使えば、Wi-Fi機能がついてない機種でも、転送できるようになります。

 

コンセントの電気代を調べて節約:ワットチェッカー(ラトックシステム)

直接子供は関係ないんですけど、余計な支出はできるだけ減らして、節約するために購入した「ワットチェッカー」。

ちょっと計ると、色んなものを節約しようという気になります。

例えば、お湯は必要なだけ沸かすようにしようとか、洗濯機の待機電力が意外とあるからコンセント抜いとこうとか。

お陰さまで、我が家の電気代は3000円を切り続けています

スマホの固定費を月3000円落とす:UQモバイル(ユーキューモバイル)

固定費の節約という意味では、年間7万円ほど安くなっている格安SIMの「UQモバイル」

通信速度はほとんどそのままに、毎月の支払い料金はキャリアと比べて3000円程安くなっています。

私が申し込んだときは無かったんですが、今なら現金13,000円が返ってくるキャッシュバックキャンペーンも実施しています。

UQモバイルが販売している「iPhoneSE、iPhone6s」もキャッシュバック対象です。

限定キャッシュバックは、いつ終わるかわかりません。申し込まなくても、一度は必ずチェックしてくださいね。

離乳食づくりを楽に:T-falブレンダー

離乳食の味方、ブレンダー。

今はもうすり身にする必要がなくなったんで出番は少なくなりましたが、離乳食が始まった頃は毎日のように使ってました。

しらすのすり身とかどうやってするんだ!?とか思ってましたけど、これならイッパツです。便利だ・・・

料理を時短+離乳食も時短:圧力鍋(フッ素加工有)

子育ての食事を作る上で便利なものとして、もう一つ知っていて欲しいものが、圧力鍋です。

圧力鍋は離乳食用におかゆや、野菜を煮込んだものを作る際に時短できます(普通の鍋では、野菜を茹でるには時間がかかる)

圧力鍋はフッ素コーティングされているものが少ないですが、ドウシシャのルミナスプラスはフッ素コート済み

うちはこれ無しでは過ごせません。

子供ができてから買ってよかった家電・サービス

ここで紹介している商品は全部自分で使ってイイ!!と思ったものだけ紹介しています。

季節家電以外は、常に使っていると言っても過言ではないですね。

中でも料理の時短ができる「圧力鍋」と、スマホの固定費が下がる「UQモバイル」は本当におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です