情報の力で暮らしを豊かにしよう

MONEDIA|マネディア

仮想通貨のアプリ管理にはiPhoneとandroidのどちらが良い?

更新日:

androidとiPhoneのセキュリティが違うことは知っていますか? 日本でもよく使われているこの二つですが、実は全く異なります。

今回は、この違いを説明するとともに仮想通貨における取引においてはiPhoneの方が良い理由について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

android(アンドロイド)はOSのカスタマイズが可能

不思議に思ったことはないでしょうか?androidは、ソニーやサムスンなどのメーカーが色々と出しているのに対して、iPhoneの場合はappleしか出していないことに。そして、androidを何台か乗り継ぐとわかりますが、それぞれで使い勝手が違うことに。

androidの優れているポイントは、このようにgoogleがOSに関するプログラムを公開しているため、各スマートフォンメーカーがそれぞれの特徴を出すために、カスタマイズできることにあります。

 

カスタマイズできることは一方で改ざんされやすい

プログラムを公開していると言うことは、一方で悪用しようとしている人も、このプログラムを知ることができるということです。

そのためにandroidは、一般的にウィルスにかかりやすいと言われています。

私自身android端末については、ウィルスソフトを入れるようにしています。入れているものは「ノートン」。定期的にウィルス(マルウェアのチェックをしてくれる優れモノです)。

 

1つのソフトウェアを購入するだけで、パソコンだけでなく、モバイル端末もセキュリティしてくれるソフトウェアです。

 

iPhoneはappleがOSを管理

一方で、Appleの場合は、iPhone以外でiOSを提供していません。つまり、そのもともとのプログラムを一般的に公開していないのです。

そのためソフトが悪用されにくく(プログラムがわからないと、ウィルスを作り出すのにも、時間、労力がかかる)なっています。

 

アプリストアでも大きな違いが

androidも、iPhoneも両方とも使った人ならわかると思いますが、iPhoneのストア(app store)とandroidのストア(google play)で公開されて要るアプリがかなり違うと思ったことはありませんか?実はこの2つは、管理するappleやgoogleが認証をして、アプリストアに並ぶかどうかの審査の仕組みが異なります。

審査の厳しさで言えば、appleの方が断然厳しく、審査が終わったものしかアプリストアにしか並びません。そのため、セキュリティも含め、比較的高くなっています。

一方で、androidのgoogle playは、審査をしなくてもアプリストアに並ばせることができます。これにより、類似のアプリを作ることで騙そうとする悪い人が出てくる可能性も高くなってしまうのです。

 

iPhoneだからといって安心してはいけない

注意して欲しいのは、iPhoneを使っているから安全という訳ではないこと。もちろん、iPhone、iOSを狙ったウイルスも存在します。

このブログでも紹介していますが、仮想通貨(暗号通貨)は、基本的に目に見えるところになく、簡単に言えば、インターネット上に存在するものです。

そのため、その仮想通貨を管理するログインIDやパスワードが悪意のある第三者に抜かれてしまえば、対応することができなくなってしまいます(既にハッキングにより全資産を引き出されている人もいます)。

大事な大事な資産を扱うものだからこそ、適当に扱わず、きちんと自分の中でのセキュリティレベルを上げておかなくてはなりません。

 

まとめ「セキュリティレベルを高めよう」

プログラムの素人(私も含めて)がセキュリティを100%固めておくことはまず不可能です。本気でハッキングしてくる人を止めるのは難しいでしょう。

でも、簡単にハッキングされないために、セキュリティレベルを上げておくことは可能です。例えば、ログインの際には2段階認証を用いること、他にも怪しいホームページにはクリックしない(LINEも含め)、ということもシンプルですが効果的です。

 

余談ですが

セキュリティという観点でパソコンを見ると、iPhoneと同じようにAppleが販売して要るMacbookも同じように、セキュリティレベルが高いことが特徴です。資産管理の観点から考えれば、Macbookの方が良いのかもしれません。

 

スポンサーリンク

-暗号通貨・ビットコイン
-,

Copyright© MONEDIA|マネディア , 2018 All Rights Reserved.